パーソナルトレーナー/坂 愛太郎さん(前編)

沖縄県うるま市のパーソナルトレーニングジム「Life Build Gym BLETH(ブレス)」を経営している坂 愛太郎(さか・あいたろう)さん。フリーランスでフォトグラファーや、アパレルブランドも展開するなど、様々な分野で活躍しています。前編ではクリスチャンのパーソナルトレーナーとしての向き合い方についてお話を伺います。

――早速ですが、このお仕事に就いたきっかけから教えてください。
ご自身はいつ頃から体を鍛えていらっしゃるのでしょう?

筋トレを始めたのは23、4歳頃からです。
元々はプロバスケットボール選手を目指していたのですが、トライアウト(プロテスト)前に靭帯を3本切る大怪我をしてしまいました。小学生3、4年生の頃から20代前半まで、ずっとやってきたバスケットボールができなくなったことで親にも当たってしまうこともあって…。これではいけないとストレス発散の目的で筋トレを始めました。
ある時、海外留学中に太ってしまった高校時代の友人減量のために一緒にトレーニングをしたことで指導する楽しさに目覚め、大手パーソナルトレーニングジムへ転職しました。初めの内は筋トレをしながらお金を稼げたらいいなと軽い気持ちだったのですが、会社説明会で「人生が変わった」と涙を流すお客様の映像を見て、お金をいただきながら感謝される仕事があるなんてと衝撃を受けました。「自分も人の人生に本気で携われる仕事がしたい」と思ったんです。

――初めから独立するつもりだったのでしょうか?

売上げよりもどうすればお客様が少しでも幸せになれるかを考える会社の在り方と、そこで働く人達に惹かれて入社したのですが、だんだんそれが逆転してきたことなど色々な出来事が重なり独立を考え始めました。
その時に1人のお客様に声をかけていただきまして、サポートを受けながら独立することになりました。

――目先の利益ではなく、お客様との信頼関係を選ばれたことで独立につながったんですね。

そうですね。
ジムの運営は決して楽ではありませんが、常にお客様に寄り添うことを最優先に考えています。

最近改めて、私は「パーソナルトレーナー」の仕事はクリスチャンがやるべき仕事かもしれないなと感じているんです。

――なぜ、そう思われるのでしょう?

「痩せたい」「筋肉をつけたい」などパーソナルジムを訪れる人の目的を本当の意味で叶えるためには、単に運動や食事などを通して体を変えることよりも、物事の捉え方や考え方など、内面から変えることが重要だと思うからです。
私(第三者)が「この人ならできるはず」と思っていることも、ネガティブ思考の人は、どんどん自分自身の可能性を閉ざしてしまいがちです。
一人ひとりと向き合ってその可能性を広げ、成長のために寄り添う時に、クリスチャンならではの視点や寄り添い方が生かされると思っています。
具体的なエピソードを挙げると、「フルマラソンなんて絶対無理です」と言っていた方がいたのですが、現実的かつ、頑張ったら達成できそうな具体的な目標を立て、無理のない範囲で取り組んでもらった結果、本当にフルマラソン完走する事ができたんです!

坂さんが経営するジムのロゴデザイン

――確かに、一定の期間だけ生活習慣を変えて痩せたとしても、リバウンドしてしまうケースはよく聞きます。
パーソナルトレーナーのお仕事は奥が深いんですね。

そうですね。内側から変わらないと、リバウンドやトレーナーへの依存にもつながりやすいです。
私は特に、トレーニング以外でもお客様との関係を大切にしていて、時にはお客様が経営するお店のお祝いや、お子さんのスポーツの試合の応援に駆けつけることも。
クリスチャンであることはお客様もスタッフもみんな知っていますし、ジム内でもHill Song(※)をかけていたりします。
自分の行動や言動、接し方を通してクリスチャンのイメージが変わったり何かを感じてくれると嬉しいですね。

※Hill Song(ヒルソング)…オーストラリアを拠点としたキリスト教ペンテコステ派のヒルソング教会から誕生したユニット「Hillsong United」のこと。現代的な表現で神を讃美するワーシップバンドとして知られ、若い世代を中心に広く支持されている

――坂さんの今の在り方は、ご自身がクリスチャンであることや育った環境が影響しているのでしょうか。

両親がクリスチャンで子どもの頃から教会には行っていましたが、「行きたくないけれど連れて行かれていた」というのが本当のところです。
教会の讃美は好きでしたが、いかにも宗教っぽい雰囲気が好きになれなくて…。中学生の頃には父とぶつかるようになって離れ始め、10代後半頃で家出し、そのまま広島や大阪、東京など5年ほど転々としていました。
沖縄を離れても何かを求めて色々な教会を回っていたのですが、「ライフハウス東京チャーチ」を訪れた時に、自由で喜びにあふれているクリスチャンたちの姿を見て、こんな教会もあるんだと思いました。ここで自分自身がクリスチャンに抱いていたイメージが変わったんです。
その後、沖縄のバスケットチームに入ることを目指して帰郷し、教会を探していたのですが自分が行きたいと思う教会がなかなかなく、また離れてしまいました。

大きく変わるきっかけになったのは、仲のいい友人が脳梗塞で倒れてしまったことです。
自分の人生で初めて、本気で祈った日ですね。
実家に戻り、夜中だったのですが母を起こして、初めて泣きながら祈ってほしいとお願いしました。その晩は母もたくさんのクリスチャンの知人、友人に連絡してくれたことで、たくさんの方が一緒に祈ってくれて…。絶対に助かると信じていましたが、3日後に亡くなってしまいました。

どうしてこんなにたくさんの人が祈っても聞かれないのだろう。
もしもいま友人の命が助かったら、その家族や友人が、何かを感じるきっかけになるかもしれないのに。――そんな疑問や悔しさ、怒りを覚え、なぜこんなことが起こるんだろうと答えを探し始めました。

その答えは、友人に誘われて観た映画「アメイジング・ジャーニー」の中にありました。
映画のストーリーで語られていた「神様の計画は人間には到底理解できないものであり、人間の目から見たら最悪に見えることでさえ、神様の大きな計画を担っているかもしれない」というメッセージに触れたことで、答えを探すのを手放すことができました。
そして、自分が教会から離れたら彼女の死が無駄になってしまう、自分が神様の為に生きて多くの人が救われるとしたら、友人の死が本当に意味のあるものになるんじゃないかと思ったんです。
それが教会に戻り、バプテスマを受けるきっかけになりました。

――ご両親との関係も変わりましたか?

若い頃はたくさん衝突もしましたが、今は父のことも、母のことも大好きで、心から尊敬しています。
実は家出をした当日、母はすぐに気付いて「今どこにいるの?」と電話をくれたんです。
私は場所も言わず「ただ県外にいる」と言ったら、特に怒ったりもせず「頑張ってね」と。
最近なって知ったのですが、母は私が家出をした当日にすぐに気付いて、空港まで探しに来てくれていたそうです。
実家は貧しくて、それを私はすべて父のせいにしていたんですが、家出していた間ずっと私に送金してくれていたことを知りました。
今思うと本当に申し訳なかっですし、感謝しかありません。

――素敵なご両親ですね。

後編に続く。

Life Build Gym BLETHのHP https://bleth-fitness.com/
坂さんのInstagram:@aitlw_fit




KASAI MINORI

KASAI MINORI

主にカレーを食べています。

関連記事