人気スタイリストから神様の“道具”として生きる人生へ。雑貨店オーナー・デザイナー・酒井しょうこさん

 

――どんな活動をされていますか?

聖テレーズをイメージしたアンティークショップ「マチルド・イン・ザ・ギャレット」と、聖フランチェスコからインスピレーションを受けたお店「フランキンセンス+ショップ」を運営しています。
聖フランチェスコが「地球環境保護の聖人」であることから、フランキンセンス+ショップではオーガニックやエコフレンドリーなアイテムを扱っているほか、私自身がデザインしたグッズ、私の著書なども販売しています。

――雑誌「オリーブ」で取材されていたしょうこさんに憧れ、「マチルド・イン・ザ・ギャレット」へ足を運んだことがある人も多いと思います。
店名の“フランキンセンス”は、イエス・キリストが誕生したときに、東方の三賢者がささげた贈り物のひとつ、乳香のことですね。

ええ、私にとってフランキンセンスの香りは、幼い頃から両親と一緒に通う教会で焚かれていた大好きな香りでした。
それで何気なく付けた名前だったのですが、あるときフランキンセンスには祭司である“キリスト“という意味があることを教えていただいて。
さらに、この言葉には「frank incense」――フランクはフランチェスコの愛称で、“フランチェスコの香り”という意味もあると知って、驚きました。

――ご両親がクリスチャンだったのですね。

父は修道士、母は修道女を志していたほどの敬虔なクリスチャンで、毎週日曜日は御ミサに参列するのはもちろんのこと、「聖務日課」というカトリックの分厚いお祈りの本を毎日5回も唱え、食事の前には聖書を開き…という両親のもと、日々の生活を送っていました。

ただ、子どもの頃の私は、そんな環境がすごく嫌でした。周りにはクリスチャンのお友達はいないし、テレビもあまり見せてもらえないから、話も合わなくて…。実家を出てからは、クリスマスなど年に数回しか教会へ行かなくなってしまいました。

――もう一度、教会に行くようになったきっかけはなんだったのでしょう?

あるとき、聖フランチェスコの故郷であるアッシジへ訪れたことがきっかけでした。

スタイリストを経て、1985年に代官山にオープンした「マチルド・イン・ザ・ギャレット」は、バブル期だったこともあってとても好評でした。色々な雑誌に取材していただいたり、渋谷のあるデパートが行ったアンケートでは「東京でいちばん行きたい店」に選んでいただいたりもしました。
やがてバブルが崩壊して世の中が大変なことになり、心労も重なって体調を崩してしまって…。1か月間休むことを決めて、ベネツィアに住んでいたガラス作家の親友の家の屋根裏部屋に泊まらせてもらうことになりました。
ところが、先約があるからと2週間後には出て行かなければならなくなって、別の友人が暮らしていたアッシジに行くことになったんですね。

残りの2週間を友人が取ってくれたサン・フランチェスコ大聖堂の目の前にある宿で過ごし、滞在中は毎日、フランチェスコのお墓の前で祈っていました。
当時の私は、本当にたくさんの問題を抱えていたのですが「問題を解決してください」「体調を回復させてください」ではなく、「信仰を強めてください」と祈っていたんです。

そうしたら、その祈りが届けられて、それまでの自分とは全く別人のようにガラッと変わってしまいました。
帰国してから今までずっと、日曜日の御ミサは欠かしたことがありません。
このときの体験が、「フランキンセンス+ショップ」のオープンにもつながりました。

写真左から『酒井しょうこと辿る 聖母マリアに出会う旅』(亜紀書房)、『酒井しょうこと辿る 聖フランチェスコの足跡 -アッシジ 聖なる風景』(サンパウロ)

――アッシジで心も体も癒されたんですね。奇跡みたいです。

まさに神秘体験ですね。アッシジは奇跡が起こる場所だと言われていて、こうした体験をした方がたくさんいると言われているんですよ。

それまでにも色々な場面で神様は私に奇跡を見せて、呼びかけてくださっていたのに、ずっと放蕩していたんです。
アッシジの地で神様の愛によって引き戻され、「自分がしたいことではなく、神様がなさりたいことをする」という使命を与えられたのだと思っています。

10年の年月をかけて、聖フランチェスコ「酒井しょうこと巡る 聖フランチェスコの足跡」を出版したのですが、この本を出すにあたっても、偶然出会った神父様から巡礼専門の旅行会社を紹介していただいたり、予算がないにもかかわらず素晴らしいカメラマンの方が撮影を引き受けてくださったり……本当にたくさんの奇跡がありました。

――帰国してから、しょうこさんの人生観、生き方にはどんな変化がありましたか?

お金への執着はもともとあまりありませんでしたが、ものへの執着もなくなりました。

ファッションやトレンドに興味がなくなり、たくさん持っていたアクセサリーもすべて手放してしまいました。

お金も、どうにか食べていける分だけあればそれでいいと思っています。

いまの私の生きる目的は「神様のために働く」こと。毎日毎日、「自分のために生きるのではなく、私を神様の道具としてお使いください」とお祈りしています。

ナチュラルオーガニックな生活を送り、“健康オタク”でもあるのですが、それもこれもいつでも道具としての働きが十分にできるように、という思いからなんです。

――以前、スタイリストとして活躍されていたことを考えると、本当に180度変化されたんですね。これからやってみたいことはありますか?

まずはいま手がけている「ロザリオの祈り」の祈祷書を完成させること。
私にとって7冊目の本で、2023年9月に出版する予定です。体力的にももうこれが最後の一冊になるでしょう。

また、昨年から「カトリック・サロン」を立ち上げ、神父様をお招きして聖書やキリストの教えを学ぶクラスを開催しています。
旧約聖書を読むクラスでは、旧約聖書をじっくり3~4年かけて学んでからイスラエルに巡礼するという企画を立てているので、ぜひ実現させたいですね。
こうした活動を通して、ひとりでも多くの方に神様の存在、愛をお伝えしていけたらと思っています。

――貴重なお話をありがとうございました。

酒井しょうこさんのお店
「マチルド・イン・ザ・ギャレット」のHP
「フランキンセンス+ショップ」のHP

 



KASAI MINORI

KASAI MINORI

主にカレーを食べています。

関連記事